受験テクニック

社会保険労務士ほど誤解されている資格はない。また、社労士ほど将来性のある仕事は存在しない。

なぜならば、今後、間違いなく高齢化社会が到来し、21世紀は社会保障制度社会となる。政府は、この高齢化社会が少なくとも1世紀以上続くと予測している。このような時代背景のなかで、社会保障制度のスペシャリストである社会保険労務士は、花形資格となる。

ここに、厚生労働白書の資料を紹介しよう。平成14年3月末現在の年金支給総額は、約40.8兆円に達し、今後さらに増大し続ける。現在の国家予算が、1年間75兆円前後だから比較してみると良い。国家予算の2分の1以上が年金の支給額である。

イメージ

≫ 社会保険労務士制度 ≪

昭和43年、厚生省と労働省(現在の厚生労働省)の2省庁が主催し、初めから一流の国家資格として誕生しました。

ご存知のとおり、国家資格と名のつくものはいくつもあります。その業務が互いに重なり合うこともめずらしくありません。開業税理士には開業している公認会計士、弁理士には弁護士といった具合です。社労士はどうでしょう。文明諸国に必要不可欠な社会保障制度の分野で、社労士の上位にあたる存在は見当たりません。

「社労士ほど将来性のある夢の持てる資格はない」この理由がここにあるのです。

裏を返せば、今のうちに、取得したい資格のナンバーワンということですね。

事実、昭和の時代に1万人前後だった社労士受験者数は、平成10年に3万9千人。平成15年は6万人を超えています。

>続きを読む

社会保険労務士
秋保雅男
チャレンジ練習問題
合格体験記